不妊治療
  ホームページへ
本文へスキップ

あなたの町のあすなろ鍼灸整骨院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0229-25-6703

〒989-6102 宮城県大崎市古川江合本町2丁目1-10-1

 施術を受ける前の注意点            

頭痛、肩コリ、五十肩などを治療する場合は首・肩、背中に治療 を行いますので緩めの服装をご用意下さい。

膝痛、腰痛、坐骨神経痛などの治療をする方は背中、腰、お尻、 下肢に治療を行いますので腰回りは緩く、膝はまくれるようにし て下さい。

・一応、治療用の着替え(Tシャツと短パン)はご用意しております
  (S,M,L,LL)。

極度の寝不足、疲労困憊(ひろうこんぱい)、発熱(38℃以上)、 極度の空腹・満腹の時などに刺鍼をすると一次的な気分不良が起こ ることがあります。体調が思わしくないときは遠慮なくおっしゃって下さい 。
 




 施術後の注意点

治療後は自律神経系や全身の血流が変化しているため治療後の生活の仕方で効果に大きな差が出てきます。
<治療をより効果的にするために次の事項を守って下さい>
治療直後から活発に動くことは控えゆっくり休む(治療直後 1時間は心身ともにリラックスする)。

睡眠は十分にとる(治療後眠くなった場合は少し寝るようにす ると効果が上がる)。

治療前後1時間の入浴は厳禁とし(せっかく悪いところに集めた 血流が全身に散る)、当日は長湯、熱い湯、サウナは控える

・治療
当日アルコールは(できるだけ)控える。
 (
酔い易くなるだけではなく、治療効果も低下します

食事腹八分目にし、治療前後1時間はあける。
 (消化吸収の為、胃腸に血液が集まってしまう)

刺激物消化の悪いもの(辛いもの、油っこいものなど)は摂ら ない(胃腸に負担をかけないように)

精神を穏やかに保ち、疲労させない(「まあ、いっか」と考える ことも大事)



 ハリ灸の副作用について

 ハリ灸治療は薬や手術のような甚大な副作用は無く、良いことだらけなのですが、一応リスクのことも説明しておかなければなりません。ハリ灸の副作用は軽微で一時的なものがほとんどです。
副作用には次のようなものがあります。

 1.気分不良
 2.倦怠感・眠気 
 3.痛みの増悪
 4.内出血
 5.痒(かゆ)み
 


1.気分不良
 ハリ治療中に恐怖で極度の緊張状態になったり、ハリ刺激の痛みが強いストレスになったりすると
”血管迷走神経反射”というものが起こることがあります。これはハリの痛み刺激やハリ治療に対する不安などが誘引となり、迷走神経という副交感神経が過剰に働き心拍数の低下(徐脈)、末梢血管の拡張が起きて一過性の低血圧になり脳に血液が回らなくなった状態(いわゆる脳貧血)をいいます。

<ハリ治療時の気分不良の研究報告より>
 ・ハリ治療時の
0.13%で生じる。
 ・
約半数が初診〜3診目の患者さんに生じている。
 ・
約8割は60分以内に完全に回復している。
 
当院では主にうつ伏せになって治療を行いますが、その時に気分不良を生じることが稀にあります。特に初診時には慎重にハリ操作を確認しながら行いますが、
治療中冷や汗が出てきたり、気持ちが悪くなったら必ずお知らせください。
 当院では気分不良が生じたときの対応として速やかにハリをすべて抜き、横になってもらい足を高くして、血圧と脈拍をこまめに測定しながら安静にしてもらいます。
4割の方は5分以内に回復するといわれております。ハリの痛みを我慢しすぎると誘発されやすいので当院では治療中に痛いときは「痛い」とおっしゃっていただいております。けっして無理に刺し進めることは致しませんし、我慢できないときは他の治療(マッサージ、AKAなど)もご用意しておりますので遠慮なくおっしゃって下さい。細いハリ痛みの少ないハリもご用意しておりますのでご安心ください。



2.倦怠感・眠気
 ダルさ、眠気はハリ治療によって
身体の血液の流れが急に良くなるために起こる反応です。この反応はハリ灸刺激によって自然治癒力が活性化する結果現れる瞑眩(めんげん)反応(良くなる時に生じる悪い反応)だと考えられています。治療当日、翌日に怠さが残ることはあっても翌々日には回復することがほとんどです。
 一般的に治療を重ねるにつれてハリ治療にも慣れ、身体の血行が良くなり老廃物が体外に排除されるのでダルさは少なくなっていきます。
 研究報告では治療した
8%に倦怠感が生じ、3%に眠気が生じるといわれています。
 倦怠感・眠気は一過性のもので心配はないものですが、
治療後長時間運転したり、機械作業することはできるだけ控えてください(思わぬ事故になる可能性もあります)。ハリ治療後の眠気は強烈なので(逆に考えるとその日はぐっすり眠れることが多い)止む得なく運転する場合、眠気を感じたら無理せず仮眠をとって下さい。



3.痛みの増悪
 
長年慢性腰痛や慢性肩こりなどを患っている方では、深部の筋肉がガチガチに凝り固まっていることがあります。筋肉には神経が通っており、筋肉が凝ってくると神経を圧迫するため重苦しさを生じ、もっと凝ってくると痛みを生じるようになります。さらに酷くなると神経は刺激を伝えなくなり、痛みも感じなくなります。ここまでくると血流が悪くなり、筋肉も収縮しっぱなしになり、筋肉が萎縮した状態が形成させます。このような状態では関節が硬く、動きも悪くなり、痛みに対し鈍感になってしまいます。そして、恐ろしいことにこれが普通になってしまうのです。首から肩背中にかけて板のようにガチガチになっているけど、本人は全く感じない方がしばしば見られます。
 このような凝り固まった筋に対してハリやマッサージをして筋肉が緩んでくるとこの逆のパターンで良くなっていきます。
つまり、
痛みがない(麻痺)→痛み→張り・違和感→改善です。
 
したがって、ハリやマッサージの為に痛くなったというのは神経の圧迫がとれて、神経の感覚が復活した途中段階であり「良くなってきた兆し」です。これを”瞑眩(めんげん)反応”といいます。
 
今までの患者さんの統計を取ると治療後痛みが出た場合2日間ほど痛みが続くことがあるようです。しかし!たいてい3日目にすーっとその痛みが無くなり、症状も楽になっていますので心配しないでください。ただし、治療した直後に無理に力仕事をしたり、無理に身体を動かしたり、暴飲暴食などすると悪化することがあります。
 
また、刺したところがピンポイントで痛くなることもあります。ハリ治療により患部に血液が集まっている状態で治る過程の痛み
(筋肉痛)だと考えられます。したがってこの刺したところの痛みはコリからくる痛みとは異なります痛いところを押しても以前ほど硬くない(凝りが無い)からです。したがって治療後の痛みが無くなると、症状は以前より軽減しているはずです。
 よく、「ハリ灸治療によって逆に痛くなった」と吹聴している患者さんがいます。これは治療院側の説明不足につきると思いますが、実に残念なことです。治療の満足度は治療効果以外にも値段、患者対応、治療院の雰囲気・清潔さなどさまざまな因子が影響しており治療の良し悪しだけではないのですが・・・。 
 
病気が治る過程は必ずしもいつも右肩上がりではありません。治療後も瞑眩反応など一見すると悪くなったような反応もありますし、治療後お酒を飲んだり、安静にしないで無理に動かしていたり、天候(寒さや低気圧)やストレスなどにも影響されます。個人差はありますが治療効果は1回では分らないこと(ぎっくり腰や寝違えは除く)もあり、1回の治療で見切りをつけるのはもったいないと思います。少なくても3回ほどやってみて、それでも効果がみられないようなら見切りをつけていいと思います。
 因みに痛みの増悪に関する調査では
2.8%にみられたという報告があります(坐骨神経痛、首肩痛、腰痛、耳鳴りなど)。



4.内出血
 内出血は施術者がどんなに注意しても起こるときは起きてしまいます。ある調査ではハリ治療の
0.3%に内出血が生じると報告しています。ほとんどは500円より小さいサイズです。ただし、次の方はハリ治療において出血しやすい(青アザ、内出血など)ため、治療を受ける前に必ずご相談下さい
 
・血液をサラサラにするお薬を服用している方
 ・人工透析を行っている方
 ・糖尿病の方
 ・ステロイド剤を服用されている方
 ・高齢の方
 ・知らない間に青アザが出来ている、またはぶつけるとできやすい方

 出血傾向の方は内出血が広がることがごく稀に起こることがありますので、治療後激しい運動や作業は特にご遠慮ください。ハリ治療による内出血痕ができた人は早い人で
3日間、遅い人で2週間平均9日間は残るという報告があります。当院は場所によって深めに針を刺しますがハリを深く刺したからといって必ずしも内出血が起こりやすいとは限りません。上肢・下肢(特に内側)、腹部では起きやすく、腰ではあまり見られません。



5.痒(かゆ)み
 ハリ治療後の痒みは金属アレルギーの可能性があります。治療時間(ハリが体内に刺さっている時間)は数分〜数十分ですが、稀に痒みが出ることがあります。
強度の金属アレルギーの方は治療前に申し出てください。
 また、お灸を行った後も痒みが出ることが稀にあります。お灸後の痒みは温灸では皮膚表面の体温が上がったこと(毛細血管の拡張)が原因と考えられます。透熱灸のような免疫機能を高めるお灸では極小の火傷を人工的に作るため火傷による蛋白の変性に対する反応です。どちらも軽度の痒みで一時的なものですが、掻きすぎて傷にならないように注意してください。
 
消毒用のアルコールで皮膚が痒くなる方がいらっしゃいますが、当院ではアルコール以外の消毒薬もご用意しておりますので、必要な方はおっしゃって下さい。


あすなろ鍼灸整骨院あすなろ鍼灸整骨院

〒989-6102
宮城県大崎市古川江合本町2丁目1-10-1
TEL 0229-25-6703
FAX