不妊治療
  ホームページへ
本文へスキップ

あなたの町のあすなろ鍼灸整骨院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0229-25-6703

〒989-6102 宮城県大崎市古川江合本町2丁目1-10-1

ごあいさつ

あなたの”身体の声”にお応えいたします。

皆様、はじめまして院長の平野といいます。
 
なぜこの道に進んだのか?
大学生のころ無謀な運転で交通事故(車は全損、乗員は全員ムチウチ)になり、それを機に腰部椎間板ヘルニアを発症、痛みを我慢できずに手術をしたことがきっかけでこの道に進みました。
今でも、入院中のヘルニアの痛みは忘れられない辛い思い出になっています。その時に「このような苦しみに遭った人がいたら何とかして救いたい」と病室の天井を眺めながら決意したのを覚えています。
決まっていた食品会社の内定も切り、大学院進学も辞めて、鍼灸専門学校の門をたたきました。
なぜゆえ鍼灸だったのか?
理学療法士や看護師なども考えたことがありましたが、東洋医学の神秘と医者に指示されて働くのは嫌だ(よく覚えていませんが、そのようなことを当時言っていたらしい)ということで鍼灸師になりました。

微力ながらみなさまの症状回復のお力になれればと思います。




今の時代だからこそ”はり灸治療
はり灸治療は過剰評価も
      過小評価もしてはいけない

来院する方々の殆どは”痛みをどうにかしてほしい”ということで来院いたしますが、東洋医学でいう「治療」とは自然治癒力を向上させ、自身の治る力でもって病に対抗するということに他なりません。
したがって、
「東洋医学の治療」の考え方は症状や場所を直接たたくのではなく、全身の歪みの状態を把握しその歪みに対する治療を行うことで身体が整って病気が治るということなのです。 

現在、日本では頭痛があれば頭痛薬、風邪をひけば風邪薬、肩が凝れば湿布、腰が痛ければ痛み止めの薬や注射などを第1選択にするという人が多いかもしれません。医療機関の受診が悪いとは言っていませんが、何でもかんでも盲目的に薬に頼るのはどうなのでしょうか?
痛みなどの症状は身体のサインです。症状を一時的に止めるのではなくもう少し、なぜそのような症状になったのか自分のカラダとココロを見つめなおしてみてはいかがでしょうか?
 
ハリや灸などの治療では薬や手術のような重篤な副作用はありません(鍼灸の副作用については”施術に関しての注意点”を参照)


薬剤による治療全盛のこの時代だからこそ自然治癒力を引き出す伝統医療を見直してみてはどうでしょうか?



あすなろの治療について

我々の治療は手やハリや灸などを用いて体表から外力刺激を与えることで
心身のバランスを整え、自然治癒力を引き出しやすい状態にするだけです。病気を治すのは患者さん本人であって、我々の治療は病気が治っていく過程の「お手伝い」だと考えています。

例えると患者さんは
「事故った車」です。事故車はぶつけて凹んだり、出っ張ったりしています。そのままでは100%の性能を出せませんし、ほっとけば大きな事故につながりかねません。病気した身体は心身が出っ張ったり、凹んだりして歪んでいます(例えの表現)。
そのままでは仕事や家庭に影響を及ぼすし、大きく見てみると人生にも影響を及ぼしかねません。
我々の仕事は言うなれば
板金屋のようなものです。
その歪んだ身体を整えてやり、元の状態に近づけようとする仕事だと考えています。
板金屋さんのハンマーや工具は治療家の手や鍼や灸なのです。





あすなろの病気観


当院では病気による様々な機能不全は
「自律神経の乱れ」「筋肉の緊張・コリ」「骨盤やその他の関節の歪み・ズレ」の3つの障害を引き起こし、これらはそれぞれ互いに影響を及ぼし、増悪することで病気が進行すると考えています。
これら3つの障害の何が原因になっているか検査をして患者さんの状態に合わせた治療を
オーダーメイドします。


自律神経の乱れ

自律神経は心臓や胃腸や血管などの働きに関係する神経で、交感神経と副交感神経の2つがあります。自律神経の乱れは血流の状態やホルモン系、免疫系とも相互に関係しているため内臓の働きの低下を引き起こします。治療をしていると風邪をひかなくなったと聞くことが良くありますが、これも免疫系と関係しているためでしょう。
交感神経のバランスが崩れると動脈硬化、高血圧、心筋梗塞、脳血管疾患、ガンなどなりやすくなります。
副交感神経のバランスが崩れるとアトピー性皮膚炎、気管支喘息、花粉症などになりやすくなります。
どちらかというと現代社会では働きすぎ、悩みすぎ・考えすぎ、薬の飲みすぎにより
交感神経の機能亢進、副交感神経の機能低下を引き起こしやすい傾向があります。つまり自律神経の調整を行うことは内臓機能の改善・向上につながるということです。
一方、現代病といわれる花粉症、アトピー性皮膚炎、気管支喘息などは
交感神経の機能低下、副交感神経の機能亢進によって引き起こされることがあります。治療は交感神経の時と逆の方法で改善されます。
自律神経の機能を調整することは血管や全身の骨格筋の過緊張を改善することになるので、筋肉のコリを改善し、末梢の冷えを解消することにもつながります。


筋肉の緊張・コリ
筋肉のコリは筋緊張性頭痛や肩こり、腰痛などに関係しますが、その本質は血行障害を引き起こしているということです。我々が生きているのは血液でもって全身に酸素や栄養が運ばれているからですが、筋肉のコリはその中の血管を締め付けます。血管が締め付けられればその先の血液の流れは悪くなります。血流障害・虚血状態が続けば細胞が正常に働かなくなり、結果様々な病気の温床になると考えられます。
また、筋肉中には神経が通っています。コリが体性神経を締め付けると腰痛や首肩痛など痛みが出たり、自律神経を締め付けると内臓の機能低下などを引き起こします。(詳しくは”
ハリ灸について”参照)


骨盤やその他の関節の歪み・ズレ
骨と骨の間は「関節」となっています。関節があるから腕を曲げたり、膝を曲げたりすることができます。そしてこの関節の不具合が原因で痛みを引き起こすことがしばしば見られます。
いうなれば戸の立てつけが悪くて開閉が渋くなっていたり、レールから外れて動かなくなっていたりする状態です。これを
関節の機能異常といいます。
治療によりこの動きの悪くなった関節の動きが改善されると、身体の動きが良くなり、痛みが解消されます。
最も重要なのはお尻にある
仙腸関節という骨盤の関節です。
仙腸関節は正常ならば1〜3mm動きます。肩の関節を考えると恐ろしく動かないと思いませんか?
骨盤がずれているとその上に乗っかっている腰や背中や首・肩の関節が機能異常を引き起こし、動きが悪くなったり、痛くなったりします。傾斜のあるところ立っていると余計な力が入り疲れますよね。傾いた土台の上に家を建てたら不安定ですよね。土台が真っ直ぐなら楽だし、安定しますよね。
数ミリの関節の調整で嘘のように身体が楽になります。








当院のねがい

 患者様の訴えに親身に傾聴し、お体の治療をさせていただくことでただ単に除痛するだけではなく、自然治癒力を高めることで生活の質(quality of life)を向上させ、さらにはその周りの方々も幸せにし、その幸せの輪の連鎖がどんどん広まっていくことを願っています。

院長プロフィール

  • 名前: 平野 篤
  • 出身: 宮城県大崎市古川   
  • 血液型:B型  
  • 星座: みずがめ座
  • 趣味: 登山、マラソン、温泉、料理、食べ歩き、釣り 、動物園・植物園・    水族館巡り

略歴

  • 宮城県立古川高校卒業
  • 宮城県立農業短期大学畜産科卒業
  • 山形大学農学部生物生産学科(動物生産分野)卒業
  • 赤門鍼灸柔整専門学校(鍼灸指圧科・柔道整復科夜間部)卒業
  • 医療法人社団設楽整形外科勤務
  • 国立大学法人筑波技術大学付属東西医学統合医療センター(鍼灸部門)にて研修 (森英俊教授、形井秀一教授に師事)
  • 栃木県立盲学校理療科勤務
  • 医療法人社団 清瑞会勤務  
  • あすなろ鍼灸整骨院開業
【資格】
  はりきゅう師、あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師、家畜人工授精師
【所属】
  全国鍼灸マッサージ師会
  宮城県鍼灸マッサージ師会
  宮城県保険鍼灸マッサージ師会
  全日本鍼灸学会

【発表論文】
  「いわゆるむち打患者に対す鍼灸治療の 1症例― 腹証を加味して―」
  「慢性的なゴルフ肘に対して遠隔治療が有効だった1症例

 




あすなろ鍼灸整骨院あすなろ鍼灸整骨院

〒989-6102
宮城県大崎市古川江合本町2丁目1-10-1
TEL 0229-25-6703
FAX